女性ホルモン

女性ホルモンとは?

知っているようで知らない女性ホルモンのこと。
女性の体は女性ホルモンととても深く関係しています。

女性ホルモンのことを知る事で、自分の体のことを知ることができ、
今まで悩んでいた症状などの対処や解消法が分かります。

女性ホルモンの働きとは?

女性ホルモンは女性の体や機能を作るうえで欠かせないホルモンです。
実は、子宮あたりから分泌しているのかと思いきや、元々ホルモンの分泌指示を出しているのは「脳」なんです。

脳にある「視床下部」という場所から脳の下垂体に向けて「性腺刺激ホルモンの放出ホルモン」が分泌されます。脳下垂体はホルモンの刺激を受け「性腺刺激ホルモン」を分泌します。卵巣がそのホルモン刺激を受け、卵巣から女性ホルモンが分泌されています。脳から指示を受けて分泌されているのは意外ですよね。

女性ホルモンは2種類に分かれています

女性ホルモンには2種類あります。
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類です。


・月経直後から排卵日までが、卵胞期(エストロゲン)

・排卵日から月経までが、黄体期(プロゲステロン)



女性ホルモンの働きによって、生理が来たり妊娠したり、それに伴い気持も元気になったり憂鬱になったり、体だけでなく心にも影響してきます。私たちの体と深く関係している、エストロゲンとプロゲステロンはそれぞれ働きが少し違ってきます。

エストロゲンとプロゲステロン


〈エストロゲンの働き〉
・女性らしい丸みを帯びた体を作る働き
・子宮や卵巣の働きを活発にする
・自律神経バランスを整える
・基礎体温を下げる




エストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれ、女性らしい体を作るためのホルモンと言われています。
エストロゲンが分泌されることにより、女性らしい丸みを帯びたからだのラインやバストなどを
作るために働きます。

また、エストロゲンの時期は、体も心も軽くすっきり元気な時期です。
この時期は代謝も上がる時期なので、ダイエットも効果が出やすい痩せやすい時期です。


〈プロゲステロンの働き〉
・受精卵を着床しやすいように、子宮内膜を分厚くする
・乳腺の発達
・基礎体温を上げる




プロゲステロンは、女性の体が妊娠しやすい状態に子宮内の環境を整える役割があります。基礎体温をあげて子宮内膜を分厚くし受精卵が着床しやすい状態へと準備をしますが、受精卵の着床には約1cmの内膜の厚みが必要なため、子宮内膜周辺の血流の量を上げて体温を上昇させます。そのために黄体期は体温があがり、イライラしやすくなったりします。

この時期は運動しても痩せにくい時期なので、ゆっくりと心も体も休めることが大事です。

体も心も女性ホルモンの動きで変化する


〈エストロゲン時期の心の状態〉
・代謝UP
・体が軽くなる
・ダイエットに向いている
・血行が良くなる
・肌の調子も良い
・気分が明るい
・前向き
・精神的に安定
・性欲が高まる時期



〈プロゲステロン時期の心の状態〉
・痩せにくい
・むくみや便秘になりやすい
・肩こりや腰痛なども起こりやすい
・下腹部の痛み
・乳房のハリ、痛み
・気持の浮き沈みが激しくなる
・眠気が増加する
・イライラする
・不安になる
・憂鬱な気持になる


エストロゲン時期とプロゲステロンの時期ではこんなにも差がでてきます。
毎日体温を計る事で、排卵日や黄体期に入ったなどを知る事ができるので体温チェックもおすすめです。
このように女性ホルモンが与える影響は、女性にとってはとても大きいということです。

更年期障害は卵巣の機能低下によるパニックから引き起こされる

40代〜50代になると「更年期障害」が起こってきます。


〈更年期障害の主な症状〉
・顔や体のほてり(ホットフラッシュ)
・顔ののぼせ
・汗を大量にかく
・太る
・体がだるい
・むくみ
・頭痛
・抜け毛
・脈が早くなる


など。

これは、脳にある視床下部から性腺刺激ホルモンから指令は出ているのに、
卵巣の機能が低下しているため女性ホルモンが分泌されなくなる起こる症状です。


指令は出ているのに分泌されていないために脳がパニックを起こします。
視床下部は脳の中でもとても大事な部分で、自律神経や免疫に関わる中枢のため自律神経が乱れやすくなり、
ホルモンバランスも崩してしまいます。
その結果、更年期の様々な症状を引き起こしてしまうのです。

更年期の症状かも?と思った方はまずは近くの病院に行って、病院に先生に診てもらうことをおすすめします。
主に「ホルモン補充療法」が一般的です。低用量のピルなどで治療する医院もあるので、まずは相談してみましょう。

自分の女性ホルモン周期を知る事で上手く付き合える

自分のホルモンバランスが今こんな状態と知る事で、しんどくなったら今はそういう時期だから安静にしようなど、答えが分かっていると不安も軽減されますよね。

20代〜30代の方はこれから結婚、妊娠と女性としても
大きく人生が変わっていく時期だと思うので、
自分の体に無理をせず上手に付き合っていきましょう。

また40代〜50代は更年期障害にあったってくる年代になるので、
自分の体に違和感があればすぐに病院で診てもらうようにしましょう。

 

サイトマップ