バストアップ 食べ物

バストアップに効果のある食べ物



バストアップにも効果のある食べ物がります。

女性なら意外と毎日食べている人もいる食材もあります!

外食や家で調理する際に、バストアップにも効果のある食べ物を取り入れて
内からもバストの為に栄養を補いましょう!

バストアップに効果のあるたべものはどれ?


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
タンパク質(アミノ酸)

ビタミンC

ビタミンB群

ビタミンEを

ミネラル

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
と言われています。

どのような食材があるかご紹介していきますね!



〈タンパク質〉
タンパク質は一番聞き慣れている栄養素ですね!
タンパク質は、主に体の基本を作る働きをしている絶対に必要な栄養素です。

筋肉、髪の毛、皮膚など、これらは全てタンパク質から出来ています。

タンパク質は2種類あるのを知っていましたか?

動物性と植物性の2種類に分類されます。

この2種類とも大事ですが、
バストアップには、特に植物性タンパク質が効果があるといわれています。


▼植物性のタンパク質?
植物性のタンパク質といわれても、すぐに思い浮かびませんよね。

私たちにが普段からよく食べている大豆が植物性タンパク質の一つです。

大豆は加工されて、お味噌や納豆、しょう油、豆乳、豆腐、など
日本の食卓には欠かせないものとなっています。

普段から意識しなくてもある程度は大豆を摂取していることが多いと思います。

大豆の中には、“大豆イソフラボン”が含まれています。

最近では化粧水でも良く使われていますね。

大豆イソフラボンを体内に摂ると、女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをします。
大豆を摂取すると女性ホルモンの分泌を促します。エストロゲンの分泌量が増えることによりバストアップしやすくなります。

最近では、豆乳はとてもポピュラーなものになったので、
スーパーでも豆乳コーナーを良く見かけます。

たくさんのメーカーから出ていて、飲料としてだけでなく
調理でも使えるところが良いですね!
豆乳のスープは美味しいですよ。

バストには植物性のタンパク質が良いと言いましたが、
バストを支えている筋肉は、動物性のタンパク質です。

その為、植物性タンパク質も動物性タンパク質も、バランス良く食べることが大事です。

◆タンパク質の主な食材

動物性タンパク質:肉類、魚介類、チーズ、卵、ヨーグルト、乳製品、など

植物性タンパク質:大豆、豆腐、油揚げ、納豆、豆乳、麺類、ご飯類、など



〈ビタミンC〉
ビタミンCは、コラーゲンの生成を促して助ける働きを持っています。
シミの元であるメラニン色素が作られるのを抑えてくれる働きもあり、
美容には欠かせない栄養素の一つですね。
抗酸化素養もあり肌の老化を防ぐ効果もあります。

また、ビタミンCは栄養素でもあります。
ストレスや喫煙、飲酒などによって消費されてしまうのです。
なので、意識的に摂るようにしましょう!

◆ビタミンCの主な食材
赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、アセロラ、パセリ、レモン、ピーマン、柿、キウイ、いちご、




【ビタミンB群】
ビタミンB群にはいくつかの種類がたくさんあるので、
それぞれをご紹介していきます。


<ビタミンB1>
ビタミンB1は、ご飯の糖質の分解を助ける。また、補酵素としても働きます。
消化した糖質をエネルギーに変換してくれる働きがあります。

不足すると、疲れを感じやすくなります。食欲不振や、倦怠感などの症状がみられることも。

◆ビタミンB1の主な食材
豚肉、うなぎ、玄米、抹茶(粉)、大豆、たらこ、生ハム、ベーコン、インスタントラーメン、とうがらし、ドライイースト、



<ビタミンB2>
ビタミンB2には、脂質の代謝を促す働きがあります。
皮膚や髪の再生にも働きかけてくれます。
脂質の摂取が多い場合はビタミンB2をしっかりと補い、消化を助けましょう。

不足すると、内膜などに炎症が発症しやすくなります。口内炎など。

◆ビタミンB2主な食材
レバー、キャビア、うなぎ、納豆、いかなご、魚肉ソーセージ、たらこ、焼きのり、干ししいたけ、粒うに、



〈ビタミンB6〉
ビタミンB6は、たんぱく質などの代謝を助ける働きがあります。
たんぱく質をたくさん食べる人はビタミンB6をしっかりと補って行きましょう。
また、脂肪肝を防ぐ効果もあります。

不足すると、アレルギー症状を起こしやすくなります。

◆ビタミンB6主な食材
にんにく、マグロのお刺身、かつお、鳥ひき肉、生ハム、きな粉、いわし、バナナ、ナッツ類、さんま、牛肉(レバー)



<ビタミンB12>
ビタミンB12には、血液を作る働きを担っています、
こちらも代謝を助ける効果があります。

◆ビタミンB12主な食材
しじみ、あかがい、すじこ、あさり、ホッキ貝、はまぐり、たらこ、いくら、レバー、のり、あおのり、





ビタミンBは全般的に、消費や代謝エネルギーやその助けをする働きがあるので、
ダイエットする上では欠かせない栄養素となります。

案外、頑張って食べなくても、自然に食べていることが多い食材が多いように思います。
中でも、レバーや青魚はビタミンB2群を多く含んでいますよ。

 

サイトマップ