B-UP 副作用

B-UP(ビーアップ)の副作用はある?ない?

バストアップサプリを試してみたいけど恐い…という方も多いと思います。

B-UP(ビーアップ)のバストアップサプリの副作用、本当のところどうなのでしょうか・・・?


▼ビーアップ(B-UP)の直接的な副作用はありません!!

最初にお答えすると、ビーアップの成分での直接的な副作用はありません!!
大丈夫ですので安心してくださいね☆

B-UP(ビーアップ)は、生理中も飲めるバストアップサプリです。
成分の中には、女性ホルモンを促すエストロゲンとプロゲステン2つの成分をちゃんと含んでいます。

<女性ホルモンと成分>

★エストロゲン:プエラリア、アグアへ

★プロゲステン:ブラックコホシュ




どちらも含んでいるので、バランス良く女性ホルモンを摂取する事が出来ます!

生理前〜生理中は、しっかりとブラックコホシュが作用し、ホルモンバランスを調整してくれます。

ただ、B-UP(ビーアップ)は女性ホルモンを促してバストアップするサプリなので、
中には女性ホルモンが乱れてしまい、不正出血を起こしたりする人もいます。



▼不正出血が起きたらどうすればいいの?
もしも、不正出血が起きた場合は、量の調整を行ないましょう。
通常は1日2粒が規定量ですが、1日1錠やきれいなカッター等で半分にし、
少ない量で試してみましょう。

また、生理中はホルモンバランスも不安定で、出血もしています。

更に、生理前はPMS(生理前症候群)もあるので、バランスがとりづらい状態です。
一度、生理中もサプリの摂取を控えるようにしてみましょう。

生理後に体調が落ち着いてから再開するほうが、体も無理せずにおこなうことが出来ます。



▼ビーアップ(B-UP)の飲み方
B-UP(ビーアップ)は毎日2錠ずつ摂取しますが、自分の体調に合わせて量を調整しましょう。(1錠や半分など)
1日の規定量以上は飲まないようにしましょうね。

体質によりますが、正しい量を飲めば副作用は基本的に起こりにくいバストアップサプリなので、
ぜひ一度試してみるのもありです!

 

サイトマップ